光コラボレーションとは

2015年3月からサービスを開始した光コラボレーションですが、いまいちどのようなサービスなのか分からないという人も多いと思います。

なので光コラボレーションとはどのようなサービスなのか、メリットやデメリットなども確認しておきましょう。

光コラボレーションとは

これまでNTTが提供しているフレッツ光は、NTT東日本と西日本が代理店を含めて直接販売や契約を行ってきました。

これまでフレッツ光に契約するには代理店やNTT東日本と西日本から直接契約し、問題が起きた時の問い合わせ先やサービスを提供しているのはNTT東西でした。

しかし光コラボレーションではフレッツ光の回線をNTTが他の販売業者に卸すという形になっています。

そのため様々な販売業者が光回線のサービスを売ることができるようになったため、多くの販売業者が参入してきているのが現状です。

例えばドコモ光やソフトバンク光がこの光コラボレーションによって光回線のサービスをユーザーに提供しています。

つまり光コラボレーションとは販売業者とユーザーが直接契約することになったということです。

転用について

現在フレッツ光に契約している人は「転用」というサービスによって、好きな企業の光コラボレーションに工事なし、解約違約金なしで乗り換えることができます。

しかし契約した企業のプロバイダーに変更されるため、現在契約しているプロバイダーによってはプロバイダーの解約違約金が必要になる場合があります。

転用の場合は間違ってもフレッツ光の解約違約金は必要ありません。あくまでもプロバイダーの解約違約金が必要になるということです。

光コラボレーションのメリット

  • 問い合わせ先と支払いが1つになる
  • 条件によっては料金が安くなる

問い合わせ先と支払いが1つになる

今までの光回線への契約は回線業者とプロバイダーに契約する必要がありましたが、光コラボレーションでは光回線と接続サービスが一括して提供されます。

従来の方法では問い合わせ先が回線業者とプロバイダーの2つの窓口があって分かりにくかったのですが、光コラボレーションでは窓口が1つになるため分かりやすくなったというメリットがあります。

また窓口が1つになることで料金の支払いも1つ請求先からしかこなくなるため分かりやすくなりました。

条件によって料金が安くなる

条件によって料金が安くなるというのは例えばドコモ光やソフトバンク光では携帯電話の契約があれば料金が割引されるというサービスがあります。

他にも光コラボレーションに参入している企業は120社以上と言われ、各企業が独自の料金やキャンペーンなどのサービスを展開できるようになりました。

そのため自分に合った企業から光コラボレーションに契約することで今までよりも安くなる可能性があります。

光コラボレーションのデメリット

  • ひかり電話の利用者は注意が必要
  • プロバイダーの変更で違約金が発生する場合がある
  • 一度光コラボレーションに転用すると従来のフレッツ光に転用できない

ひかり電話の利用者は注意が必要

フレッツ光のひかり電話を利用している人は、光コラボレーションに転用した際にはひかり電話の電話番号はそのまま利用することができます。

しかし転用後に再度他の企業の光コラボレーションに契約する場合はひかり電話の番号が変わってしまう可能性があります。

プロバイダーの変更で違約金が発生する場合がある

転用によっ違約金なしで光コラボレーションに乗り換えることができるのがメリットですが、プロバイダーを変更する際には現在使っているプロバイダー契約内容によっては違約金が発生します。

例えば現在フレッツ光でYAHOOBBのプロバイダーを使っているとしましょう。

そこでBIGLOBEの光コラボレーションに転用した場合にはBIGLOBEのプロバイダーに乗り換えることになります。

その際にはYAHOOBBの解約違約金として5000円が必要になります。プロバイダーの解約違約金の相場は3000円~6000円になります。

解約違約金の必要のないプロバイダーもありますが、ほとんどのプロバイダーでは解約違約金が必要なのでデメリットと言えるでしょう。

一度光コラボレーションに転用すると従来のフレッツ光に転用できない

従来のフレッツ光から光コラボレーションに転用すると解約違約金なしで乗り換えることができます。

しかし一度光コラボレーションに転用すると、従来のフレッツ光に転用することはできません。

従来のフレッツ光に再度契約するためには光コラボレーションを解約して新規契約することになります。

そのため安易に光コラボレーションに転用するのではなく、きっちりと料金面がお得になるのか?を比較してからにしましょう。

光回線を探している人はこちら
光回線のおすすめWEB代理店を比較しています。

WIMAXを探している人はこちら
WIMAXのおすすめプロバイダーを比較しています。

このページの先頭へ