一人暮らしのインターネット契約を出来るだけ安くするには

大学や就職などで実家を離れて一人暮らしをする人も多いかと思いますが、実家には当然のようにインターネット回線がある状態だったと思います。

しかし一人暮らしをするとなると一人でインターネット回線に契約し、支払いも自分でしなければいけません。

そもそもインターネットの料金はどれくらいなのか?どこのインターネット回線やプロバイダーと契約すればいいのか?安く契約するにはどうすればいいのか?など最適なインターネットの契約方法が分からないんじゃないでしょうか。

実際私も一人暮らしを始めた大学生の頃を思い浮かべるとかなり高いインターネット料金を支払い生活に負担をかけていたことを思い出します。

これらについて分かりやすく、自分に合ったインターネット契約方法について紹介していきます。

安くインターネットに契約するには

1人暮らしのインターネット料金を安くするには以下の4つのポイントを押さえておきましょう。

  • スマホとキャリアを一緒にする
  • WEBサイトから契約しキャッシュバックを受け取る
  • 余計なオプションを付けない
  • スマホのデータ容量を下げる

スマホとキャリアを一緒にする

現在使用しているスマートフォンとインターネット回線のキャリアを一緒にすることで割引されます。

ドコモ、ソフトバンク、auどのキャリアにも光回線があるためスマートフォンとセットで契約すると安くインターネットに契約することができます。

光回線でどこから契約するか迷った場合はスマートフォンと同じキャリアの光回線から契約するといいでしょう。

しかしながら現在ドコモ光はキャッシュバックキャンペーンを行っていないためドコモユーザーはキャッシュバックの多いweb代理店から契約するのがおすすです。

WEBサイトから契約しキャッシュバックを受け取る

インターネットの契約には主に4つのルートからの契約方法があります。詳しくは損をしないためのインターネット契約方法

4つのインターネット契約方法の中でも、最もキャッシュバックが高いのはWEBサイトからの契約です。光回線ならWEB代理店から、WIMAXならWEBプロバイダー公式サイトです。

WEBサイトからの契約は家電量販店のように人件費がかかっていないため高額なキャッシュバックを出すことができます。

ついつい家電量販店などから契約しがちですが、損をしてしまうことになるので注意しましょう。

余計なオプションを付けない

インターネットの契約には回線契約とプロバイダー契約以外にも有料オプション契約があります。

光回線だと光電話や光TVなど様々な有料オプションがあります。

当然これらを付けると月額料金が上がるため安くインターネットに契約するなら余計なオプションを付けないようにしましょう。

まれにキャッシュバックの適用条件に有料オプションへの契約を必須としているWEB代理店などがありますが結果的に損をしてしまうことが多いため、オプション契約なしでもキャッシュバックが受け取れるWEB代理店から契約しましょう。

スマホのデータ定額を下げる

毎月のスマホのデータ容量は定額制だと思いますがどのくらいでしょうか?私は月間7GBですが、毎月のデータ定額を下げると当然料金も安くなります。

インターネットに契約すると自宅ではスマホを自宅のインターネット回線で通信することができます。

そのため考え方としては外で使う通信量だけで良いということになります。

人によっては外ではそんなに使わないから毎月のデータ定額を下げることができるのではないでしょうか。

また光回線ではなくWIMAXに契約した場合は外でもインターネットに繋げるため常時スマホをWIMAXで通信することができます。

そのため確実にデータ定額を下げることができるでしょう。

光回線を探している人はこちら
光回線のおすすめWEB代理店を比較しています。

WIMAXを探している人はこちら
WIMAXのおすすめプロバイダーを比較しています。

このページの先頭へ