インターネット回線の個人契約と法人契約の違いについて

事務所や店舗、会社にインターネット回線を繋ぎたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

しかし契約する際には個人回線用の契約か、法人回線用の契約か、また個人契約と法人契約ではどのような違いがあるのかよく分からないという人も少なくないでしょう。

回線自体は個人も法人も同じ回線を使っており、個人契約と法人契約で違ってくるのは通信制限と固定IPの2つになります。

通信制限について

基本的には個人契約も法人契約も通信制限はありません。

しかしプロバイダーが定める通信量以上使ってしまうと通信速度に制限がかかります。

個人で使っている場合は使用料が少ないため通信制限にかかることはありえませんが、法人の場合は複数人でインターネット業務にあたっているため通信量が大きくなります。

そのためプロバイダーが定める通信量を超えてしまう可能性があるため通信制限にかかる可能性がありますが、法人向けプランに契約していると通信制限にかかることはありません。

事務所や店舗、会社において通信制限がかかってしまうと業務に大きな支障がでてしまうため大きな問題となります。

しかし法人向けプランに契約しておくと通信制限にかかる心配はなくなります。

よほどの通信量でない限り通信制限にかかることはないため、法人でも個人契約している事務所や店舗、会社は多数あります。

十分個人契約でも対応することはできますが法人向けプランに契約しておくことをおすすめします。

固定IPについて

固定IPとはインターネット上の住所のようなもので、毎回インターネットに接続するたびに変わるIPアドレスを固定するというものです。

法人向けプランではこの固定IPを取得することができ、IPアドレスを固定することによってセキュリティーレベルを上げることができるので安全な社内ネットワークを運用することができます。

ちなみに個人契約でも固定IPを取得することはできます。

法人契約はキャンペーンが優遇される

法人契約する業者や代理店にもよりますが、法人契約の方がキャンペーンは優遇されます。

具体的にはキャッシュバックの額が個人契約の倍近い金額になっています。

またキャッシュバックを貰わない場合はノートPCやTVなどの高額商品を貰うことができます。

特にフレッツ光が法人に対してキャンペーンが優遇されているため法人契約するならフレッツ光がおすすめです。

光回線を探している人はこちら
光回線のおすすめWEB代理店を比較しています。

WIMAXを探している人はこちら
WIMAXのおすすめプロバイダーを比較しています。

このページの先頭へ