解約違約金を支払わずにインターネット回線を解約する2つの方法

インターネット回線は基本的に2年契約などの長期契約を結ぶことがほとんどになります。

当然2年以内などの契約期間内に途中解約すると解約違約金が発生します。

解約違約金は高額になりますので解約には十分に注意したいところです。

しかし持家の人はあまりないですが、賃貸物件に住んでいる人は急な転勤などで引っ越さなければいけないケースもあると思います。

そういった人に是非知っておいてほしいのが2つの解約違約金の回避方法です。

  • 契約満了月の翌月に解約する
  • 移転手続きをする

途中解約する場合には救いようがないことは理解してください。

上記2つの方法が解約違約金を支払わずに済む方法になりますので詳しく紹介していきます。

契約満了月の翌月に解約する

解約違約金が必要のない解約のタイミングは1ヶ月間になります。

契約満了した月の翌月の1ヶ月間が解約違約金が発生せずに解約できる唯一のタイミングとなっており、うっかり忘れていて翌々月に入ってしまうと解約違約金が必要になります。

またインターネット回線によっては契約満了月から翌々月に突入すると2年契約が自動的に更新される場合があるので注意が必要です。

移転手続きをする

引っ越しなどによって住所が変わってしまう場合には仕方なく解約する必要はありません。

転居先に回線を移転させれば継続してインターネット回線を利用することができます。

移転は契約途中でも解約違約金は発生せず、転居先への回線工事費も発生しません。無料で転居先でも同じように使うことができます。

また移転すると1ヶ月間だけ月額料金が無料になるというキャンペーンを出している会社もあります。

しかしここで注意してほしいのが移転はどの地域でもできるわけではありません。

大手フレッツ光を例にあげると、NTT東日本とNTT西日本に管轄が分かれているため東日本から西日本に移転することはできません。

つまり大阪から東京への移転はできません。東日本から東日本、西日本から西日本なら移転することができます。

キャッシュバックを解約違約金にあてる

解約違約金を支払うことになりますが、インターネット回線新規契約時には高額なキャッシュバックを受け取ることができます。

キャッシュバックが受け取れるのは業者や代理店によって異なるものの契約から1年後には受け取ることができます。

キャッシュバックを受け取れる時期までに解約してしまった場合には救いようがありませんが、解約するならキャッシュバックを受け取ってからキャッシュバックの一部を解約違約金に充てるといいでしょう。

光回線を探している人はこちら
光回線のおすすめWEB代理店を比較しています。

WIMAXを探している人はこちら
WIMAXのおすすめプロバイダーを比較しています。

このページの先頭へ