未成年のインターネット契約について

未成年のインターネット契約は基本できない

現在主流の光回線や高速モバイル通信と様々なインターネット回線がありますが、基本的に未成年の人はインターネットに契約することはできません。

しかし親の同意書などを提出すればインターネットに契約することができます。

未成年という年齢に制限をかけている会社もあり、18歳未満は親の同意があっても契約できないが18歳及び19歳の未成年者なら親の同意者があれば契約できるという場合があります。

親の同意があっても年齢的に契約できない会社もあるので確認しておきましょう。

親名義で申し込むのがベスト

親の同意書を送ったり手続きするのはかなり面倒なので、正直親名義でインターネットに契約する方がいいと思います。

親名義で契約しておき、成人になったら名義変更してもらって自分名義にするといいでしょう。

もちろん親と同居していなくても大丈夫です。大学や専門学校などで一人暮らししていても問題ありません。

親名義でインターネットに契約して設置場所を自分の住所にすることはできるので安心してください。

WIMAXではクレジットカードがあれば未成年でも契約できるプロバイダーがありますが、現実的にクレジットカードを持っている未成年は少ないためやはり親にお願いするのがベストかと思います。

どうしても親の承諾が必要になる

未成年が親の承諾なしにインターネットに契約するのは難しいことです。

WIMAXでは自分名義のクレジットカードさえ持っていれば契約することができますが、クレジットカードに契約するためには親の同意が必要になります。

未成年でもすでにクレジットカードを持っているという人はWIMAXなら親にもばれずに自分名義で契約することができます。

またWIMAXは光回線のような工事がないため未成年でも契約しやすいのではないかと思います。

しかしどうしても親の承諾が必要な場面が出てくるのでまずは親に相談し、納得してもらうことが大切です。

光回線を探している人はこちら
光回線のおすすめWEB代理店を比較しています。

WIMAXを探している人はこちら
WIMAXのおすすめプロバイダーを比較しています。

このページの先頭へ