クレカなしでも契約できる?インターネット回線の支払い方法について

クレジットカードを持ってないけどインターネット回線に契約したいという人も多いと思いますが、実際にクレジットカードを持っていないとインターネットに契約できないプロバイダーがあります。

まずはインターネット回線の支払い方法について見ていきましょう。

インターネット回線の支払い方法は主に3つの支払い方法があります。

  • 口座振替
  • クレジットカード払い
  • 請求書払い

口座振替

口座振替とは毎月あなたの預金口座から請求先の会社に料金を振替るということです。

この口座振替での支払いにはデメリットがあり、プロバイダーによっては手数料としてお金が取られるという点です。

大体毎月210円ですが、インターネットの契約は基本2年契約だと考えると2年間で5040円になります。

チリも積もれば山となるじゃないですけど5040円は1ヵ月分のインターネット料金に相当します。

またインターネット回線によって違いがあるものの、口座振替でのインターネットの契約は手続きに時間がかかり利用開始まで数週間かかる場合があります。

また口座振替での支払いには審査が必要な場合もあり、過去に携帯料金やローンの延滞がある場合は審査に落ちることがあります。

クレジットカード払い

クレジットカード払いはその名の通り毎月のインターネット使用料をクレジットカードで支払うというものです。

最近ではインターネット回線の支払いはクレジットカードが主流となっており、インターネット回線側も確実に現金を回収できるクレジットカード払いを望んでいます。

クレジットカード払いはクレジットカードを作る際に審査を行っているため、インターネット契約時に口座振替のような審査などはなくスムーズにインターネットに契約できるというメリットがあります。

またWIMAXなどではクレジットカード払いにしてくれるなら新規契約時にキャンペーンを設けているプロバイダーなどもあります。

プロバイダーやインターネット回線によっては口座振替や請求書払いは不可となっていて、クレジットカード払いのみというところもあるのでクレジットカードは持っておきたいところです。

クレジットカード払いは手数料を取られることがないためもっともおすすめできるインターネット回線の支払い方法です。

学生や未成年の人はクレジットカードを持っていない人が多いと思いますが、そういった場合は二十歳になるまでは親名義で契約しておき、二十歳になってから名義変更するのがおすすめです。

請求書払い

請求書払いとは契約しているインターネット回線やプロバイダーから送られてくる請求書をコンビニや金融機関で支払うというものです。

請求書払いも口座振替同様に手数料が取られるためおすすめできません。

また支払いを忘れる人も多く、インターネットが止まってしまってから慌てて支払いに行くなんてこともありえる支払い方法のためおすすめできません。

光回線を探している人はこちら
光回線のおすすめWEB代理店を比較しています。

WIMAXを探している人はこちら
WIMAXのおすすめプロバイダーを比較しています。

このページの先頭へ