インターネット料金の割引について

インターネット料金の割引は3つのパターンがある

インターネットの料金って複雑で分かりにくいというイメージがあるのではないでしょうか。

複雑にしている原因として専門用語の多様したり、料金の割引制度をよく理解していないことだと思います。

インターネット料金の割引は主に3つ

  • 新規加入割引
  • 長期契約割引
  • 工事費割引

これらの料金割引制度は1つずつ解約違約金が発生します。

つまり新規契約時に3つの割引を利用し、途中解約した場合には3つの解約金を支払わなければいけません。

しかしインターネット料金の割引制度はよくできており、途中解約して解約金を支払っても割引された額の方が大きいため得をしますので必ず割引制度を利用しましょう。

新規加入割引

インターネットに新規加入する時に2年契約を結ぶことによって毎月の月額料金を大幅に割引してくれるサービスです。

最初の2年間は最安になります。

戸建てかマンションタイプによって割引率は異なりますが、1000円~2000円程度の料金を毎月割引してくれます。

だいたい新規加入割引を利用した月額料金が各社宣伝に使っている料金になります。

長期契約割引

2年または3年といった長期間契約することで、新規加入割引が終了する3年目から新たに月額料金の割引が適用されるサービスです。

新規加入割引よりも割引されることはありませんが、500円~1500円程度の料金が割引されます。

他社への乗り換えを防ぎ、長く利用してもらうための割引制度になります。

工事費割引

光回線などの固定回線を利用する場合には回線を引き込むための工事が必要になります。

当然工事費が必要になりますが、2年契約を結ぶことによって工事費を大幅に割引してくれるという割引サービスです。

フレッツ光の場合を例にあげると東日本の場合は25200円の工事費が必要になりますが、毎月1050円を割引することで24ヶ月で実質0円になるというサービスです。

西日本の場合は25200円の工事費を最初に一括で3675円支払うとOKになります。21525円の割引ということになります。

主にこれら3つのインターネット料金の割引制度がありますので新規で契約する際には利用していきましょう。

光回線を探している人はこちら
光回線のおすすめWEB代理店を比較しています。

WIMAXを探している人はこちら
WIMAXのおすすめプロバイダーを比較しています。

このページの先頭へ